RWC2019

プールA

サモア代表

選手情報

フォワード

ポジション選手名身長 / 体重
PRポール・アロエミレポール・アロエミレ181cm / 130kg
PRロゴビー・ムリポラロゴビー・ムリポラ192cm / 120kg
PRマイケル・アラアラトアマイケル・アラアラトア189cm / 128kg
PRジェームズ・レイジェームズ・レイ178cm / 118kg
PRジョーダン・レイジョーダン・レイ184cm / 115kg
HOモトゥ・マトゥウモトゥ・マトゥウ182cm / 112kg
HOレーモンド・ニウイアレーモンド・ニウイア186cm / 120kg
HOセイララ・ラムセイララ・ラム183cm / 110kg
LOフィロ・パウロフィロ・パウロ198cm / 120kg
LOセニオ・トレアフォアセニオ・トレアフォア193cm / 125kg
LOクリス・ブイクリス・ブイ198cm / 119kg
LOケーン・レアウペペケーン・レアウペペ198cm / 100kg
FL/NO8ジャック・ラムジャック・ラム186cm / 100kg
FL/NO8TJ・イオアネTJ・イオアネ182cm / 104kg
FL/NO8ピウラ・ファアサレレピウラ・ファアサレレ195cm / 117kg
FL/NO8ジョシュ・ティレルジョシュ・ティレル194cm / 116kg
NO8アファエセティティ・アモサアファエセティティ・アモサ189cm / 113kg

バックス

SHスコット・マロルアスコット・マロルア168cm / 85kg
SHペール・カウリーペール・カウリー173cm / 74kg
SHメラニ・マタバオメラニ・マタバオ180cm / 79kg
SHドウェイン・ポラタイバオドウェイン・ポラタイバオ182cm / 83kg
SOトゥシ・ピシトゥシ・ピシ185cm / 93kg
SOUJ・セウテニUJ・セウテニ187cm / 103kg
SOAJ・アラティムAJ・アラティム186cm / 95kg
WTBベルジウム・トゥアタガロアベルジウム・トゥアタガロア188cm / 106kg
WTBエド・フィドウエド・フィドウ188cm / 97kg
CTBアラパティ・レイウアアラパティ・レイウア182cm / 100kg
CTBレイ・リーロレイ・リーロ181cm / 98kg
CTBキーロン・フォノティアキーロン・フォノティア186cm / 106kg
CTBヘンリー・タエフヘンリー・タエフ183cm / 100kg
FBアシー・トゥアラアシー・トゥアラ186cm / 106kg
UBティム・ナナイウィリアムズティム・ナナイウィリアムズ182cm / 90kg

ポジションの略称について
<フォワード> PR:プロップ , LO:ロック, HO:フッカー, FL/NO.8:フランカー / ナンバーエイト
<バックス> SH:スクラムハーフ, SO:スタンドオフ, WTB:ウィング, CTB:センター, FB:フルバック, UB:ユーティリティーバック


監督

HCスティーブ・ジャクソン
サモア代表
ユニオンエンブレム
  • 世界ランキング
    15 (※2019年10月14日 時点)
  • 出場回数
    8大会連続8回目
  • 最高成績
    ベスト8 2回
  • 愛称
    マヌーサモア
  • ヘッドコーチ
    スティーブ・ジャクソン
  • 主な戦績
    かつてフィジー、トンガと争っていた大会では11回、パシフィック・ネーションズカップ(PNC)となっても3度の優勝を誇るが、2014年以降はやや精彩を欠いている。ワールドカップのオセアニア予選を兼ねた2016、17年のパシフィック・ネーションズカップは総合3位で出場権を獲得できず、ドイツとのプレーオフを制してやっと出場権を得た。昨年のPNCは1勝もできず最下位に終わり、秋のテストマッチはアメリカに29−30と敗れたが、どうにかスペインに28―10と勝利した。

激しさとフィジカルが持ち味。1995年以来のベスト8を目指す

有名な戦士の名にちなんだ「マヌーサモア」という愛称をもつサモア。かつて西サモアと呼ばれていたが、1997年から現在の名前になった。国章にちなんだ南十字星のエンブレムを胸につけ、試合の前には「シヴァタウ」というウォークライを踊ることでも知られる。激しいタックルと個々のフィジカルを前面に押し出し、ワールドカップでベスト8に2度進出するなど、アイランダーの国々の中で最も安定した力を発揮してきたチームだった。だが2015年ワールドカップでは1勝3敗の4位に終わり、2019年大会の出場権をかけた2016、17年のパシフィック・クネーションズカップでも3位に終わり、プレーオフでようやくワールドカップの出場権を手にした。代表候補の多くが海外でプレーしていることから、組織ディフェンスや規律面では不安な面も隠せない。さらに2017年にはサモアラグビー協会が一度破産し、財政難がチームの強化もままならない状況もある。1995年以来となる3度目となる決勝トーナメント進出には課題は多いと言えよう。