RWC2019

プールC

トンガ代表

選手情報

フォワード

ポジション選手名身長 / 体重
PRシオシウア・ハラヌコヌカシオシウア・ハラヌコヌカ189cm / 120kg
PRラトゥ・タラカイラトゥ・タラカイ193cm / 132kg
PRマアフ・フィアマアフ・フィア178cm / 124kg
PRベン・タメイフナベン・タメイフナ188cm / 155kg
PRシッグフリード・フィシホイシッグフリード・フィシホイ184cm / 125kg
PRブニポラ・フィフィタブニポラ・フィフィタ180cm / 117kg
HOソセフォ・サカリアソセフォ・サカリア180cm / 105kg
HOパウラ・ヌガウアモパウラ・ヌガウアモ185cm / 122kg
HOシウア・マイレシウア・マイレ181cm / 111kg
LOシティベニ・マフィシティベニ・マフィ196cm / 102kg
LOサム・ロウシサム・ロウシ198cm / 121kg
LOレバ・フィフィタレバ・フィフィタ193cm / 116kg
FLセイン・カペリセイン・カペリ189cm / 130kg
FLフォトゥ・ロコトゥイフォトゥ・ロコトゥイ180cm / 108kg
FL/NO8シオネ・カラマフォニシオネ・カラマフォニ194cm / 121kg
FL/NO8ダニエル・ファレアファダニエル・ファレアファ192cm / 115kg
FL/NO8マアマ・バイプルマアマ・バイプル190cm / 112kg
NO8ナシ・マヌナシ・マヌ190cm / 108kg

バックス

SHサミソニ・フィシラウサミソニ・フィシラウ183cm / 120kg
SHソナタネ・タクルアソナタネ・タクルア180cm / 95kg
SHレオン・フコフカレオン・フコフカ185cm / 95kg
SOカート・モラスカート・モラス186cm / 85kg
SOラティウメ・フォシタラティウメ・フォシタ187cm / 97kg
SOチェームス・ファイバチェームス・ファイバ185cm / 89kg
WTBナフィ・トゥイタバキナフィ・トゥイタバキ179cm / 90kg
WTBクーパー・ブーナクーパー・ブーナ187cm / 101kg
WTBビリアミ・ロロヘアビリアミ・ロロヘア181cm / 93kg
CTBシアレ・ピウタウシアレ・ピウタウ185cm / 99kg
CTBDaniel KilioniDaniel Kilioni190cm / 86kg
CTBマリエトア・ヒンガノマリエトア・ヒンガノ184cm / 94kg
FBアティエリ・パカラニアティエリ・パカラニ183cm / 81kg
FBテルサ・ベヌーテルサ・ベヌー190cm / 103kg
FBデービッド・ハライフォヌアデービッド・ハライフォヌア189cm / 85kg

ポジションの略称について
<フォワード> PR:プロップ , LO:ロック, HO:フッカー, FL/NO.8:フランカー / ナンバーエイト
<バックス> SH:スクラムハーフ, SO:スタンドオフ, WTB:ウィング, CTB:センター, FB:フルバック, UB:ユーティリティーバック


監督

HCトウタイ・ケフ
トンガ代表
ユニオンエンブレム
  • 世界ランキング
    13 (※2019年10月14日 時点)
  • 出場回数
    7大会連続8回目
  • 最高成績
    予選プール敗退
  • 愛称
    イカレ・タヒ
  • ヘッドコーチ
    トウタイ・ケフ
  • 主な戦績
    かつてサモア、フィジーと争っていた大会では1990年、1994年と2度優勝しているが、2006年から始まったパシフィック・ネーションズカップでは最高成績は2位。2019年ワールドカップの出場権がかかった、2016、2017年のパシフィック・ネーションズカップではフィジー、トンガ、サモアの3カ国のみで行われ、2年間の成績で総合2位となり、2019年ワールドカップの出場権を得て7大会連続となるワールドカップ出場を決めた。

パワーとフィジカルが武器。悲願のベスト8進出なるか

7大会連続8回目の出場で、「イカレ・タヒ(海鷲)」という愛称で知られるトンガ代表。エンブレムは国章にちなんだ、平和とキリスト教を象徴するオリーブを加えた鳩だ。試合の前には「シピタウ」というウォークライを踊る。サモア代表、フィジー代表とならぶアイランダーのチームの中でも、一際、大きな体格の選手が揃う。イングランド、ウェールズ、日本などがNo.8の選手がトンガ出身であることも多い。FWのパワーを全面に押し出すスタイルがチームの伝統だが、いつも規律面では不安は残る。そのため、2011年ワールドカップでフランス相手に金星を挙げたものの、アイランダー中では7回のワールドカップで唯一予選プールを突破できていない。代表選手の中には日本でプレー経験のある選手も多く、日本のラグビーファンにもお馴染みのチームの一つだ。