RWC2019

プールA

日本代表

選手情報

フォワード

ポジション選手名身長 / 体重
PR稲垣 啓太	稲垣 啓太 183cm / 115kg
PR具 智元具 智元184cm / 115kg
PRヴァル アサエリ愛ヴァル アサエリ愛187cm / 115kg
PR中島 イシレリ中島 イシレリ186cm / 120kg
PR木津 悠輔木津 悠輔178cm / 113kg
HO堀江 翔太堀江 翔太180cm / 104kg
HO坂手 淳史坂手 淳史180cm / 100kg
HO北出 卓也北出 卓也180cm / 102kg
LOトンプソン ルークトンプソン ルーク196cm / 110kg
LOヴィンピー・ファンデルヴァルトヴィンピー・ファンデルヴァルト188cm / 106kg
LOジェームス・ムーアジェームス・ムーア195cm / 110kg
LOヘル ウヴェヘル ウヴェ193cm / 115kg
FLピーター・ラブスカフニピーター・ラブスカフニ189cm / 107kg
FL姫野 和樹姫野 和樹187cm / 108kg
FL/NO8リーチ マイケルリーチ マイケル189cm / 99kg
FL/NO8ツイ ヘンドリックツイ ヘンドリック189cm / 109kg
NO8アマナキ・レレイ・マフィアマナキ・レレイ・マフィ189cm / 113kg
NO8徳永 祥尭徳永 祥尭185cm / 100kg

バックス

SH田中 史朗田中 史朗166cm / 75kg
SH茂野 海人茂野 海人170cm / 75kg
SH流 大流 大166cm / 69kg
SO田村 優田村 優181cm / 87kg
WTB福岡 堅樹福岡 堅樹175cm / 83kg
WTBアタアタ・モエアキオラアタアタ・モエアキオラ185cm / 107kg
WTBレメキ ロマノ ラヴァレメキ ロマノ ラヴァ177cm / 92kg
CTBウィリアム・トゥポウウィリアム・トゥポウ190cm / 104kg
CTB中村 亮土中村 亮土178cm / 84kg
CTB松田 力也松田 力也181cm / 92kg
CTBラファエレ ティモシーラファエレ ティモシー186cm / 96kg
FB松島 幸太朗松島 幸太朗178cm / 87kg
FB山中 亮平山中 亮平188cm / 93kg

ポジションの略称について
<フォワード> PR:プロップ , LO:ロック, HO:フッカー, FL/NO.8:フランカー / ナンバーエイト
<バックス> SH:スクラムハーフ, SO:スタンドオフ, WTB:ウィング, CTB:センター, FB:フルバック, UB:ユーティリティーバック


監督

HCジェイミー・ジョセフ
日本代表
ユニオンエンブレム
  • 世界ランキング
    9 (※2019年9月23日 時点)
  • 出場回数
    9大会連続9回目
  • 最高成績
    予選プール3位
  • 愛称
    ブレイブブロッサムズ
  • ヘッドコーチ
    ジェイミー・ジョセフ
  • 主な戦績
    ワールドカップには第1回から出場しているアジアの雄。2019年大会はホスト国として迎える。ただワールドカップでは歴史的に苦しんできた。第2回大会でジンバブエに勝利したものの、第3回大会ではニュージーランドに17-145で大敗。第6回、7回大会でカナダに引き分けることがやっとで2011年大会までは通算1勝21敗2分けだった。だが8回目の2015年大会では、プール初戦で南アフリカに34-32で勝利し、24年ぶりの2度目の勝利を挙げる。その勢いのままサモア、アメリカも下し3勝したがプール3位に終わり準々決勝進出はならなかった。2019年大会は地元で初の決勝トーナメント進出を狙う。

ホームのファンの声援を背に、悲願のベスト8進出を狙う!

武士道精神が込められた桜のエンブレムでお馴染みの日本代表は2015年ワールドカップでは、エディー・ジョーンズHC(元イングランド指揮官)が率い、南アフリカからの金星を含む3勝を挙げて世界を驚かせた。2016年春のテストマッチではサンウルブズを率いていたマーク・ハメットHCが指揮し、カナダには勝利したもののスコットランドに連敗。そして2016年秋に満を持して就任したのが、日本代表でも活躍したジェイミー・ジョセフだった。参謀に三洋電機(パナソニック)でもプレーしたトニー・ブラウンコーチを置き、2015年にハイランダーズでスーパーラグビーを制したコンビが2019年大会まで日本を指揮している。なかなか上位国に勝つことはできなかったが、徐々にパスとキックでスペースをつくラグビーが浸透。2017年秋にはトンガに快勝し敵地でフランスに引き分け、2018年春はホームでイタリア、ジョージアに勝利し、秋にはイングランド相手にも善戦した。2月から異例の半年間にわたる長き合宿で、ワールドカップを見据えてジョセフHCはチームを鍛え上げている。予選プールを突破し、悲願のベスト8進出なるか。

ヘッドコーチ / 選手