RWC2019

Ryoto Nakamura

中村 亮土

日本代表
ポジション
CTB
中村 亮土

成長著しい、ハードなランとタックルが武器のCTB

2018年秋、日本代表の12番として先発し、イングランド代表からもトライを挙げたハCTBだ。昨年度まで2年連続王者だったサントリーで成長を遂げて、昨年、今年とサンウルブズにも選ばれるなど存在感を増している。身体が強く、ハードなラン、タックルにも定評があり、自身初となるワールドカップメンバー入りを果たした。
姉がサッカー選手だったように、中村も幼稚園から中学校までサッカーをしていたため、キックも上手い。ラグビー好きの父親の影響で高校からラグビーを始めて、鹿児島実業高校では2・3年と花園に出場。帝京大学では1年生からSOやCTBとしてチームに貢献し、4年時はキャプテンとして、5連覇に大きく貢献。また、2013年の大学4年時にUAE戦で、日本代表初キャップを獲得した。
大学卒業後、サントリーで徐々に出場時間が増やしていき、チームの中軸となる。2017年秋には再び、「SOとCTBの両方ができる」と評価されて、ジョセフHCに代表選出され、2018年春は控え、2018年秋以降は先発と徐々にチーム内での存在感も強くしている。現在はリーダーグループのひとりとしてディフェンスを主に担当している。
好きな食べ物はうなぎ、フルーツ。趣味は海釣り。座右の銘は「小さな考動が大きな結果を生み出す」。6月に、両親、祖父母の出身地である鹿児島県曽於市のPR大使に就任。愛称は「りょうと」。サントリーのチームメイトHO北出とともにサラリーマン選手だ。

  • 所属クラブ
    サントリー
  • 生年月日
    1991年6月3日
  • 身長/体重
    178cm/92kg
  • 代表キャップ
    19