RWC2019

Kaito Shigeno

茂野 海人

日本代表
ポジション
SH
茂野 海人

自ら仕掛けるランが魅力の国際経験豊かなSH

ニュージーランド留学を経て、サンウルブズ、日本代表へと駆け上がった攻撃的なSHだ。一昨年、NECからトヨタ自動車に移籍したが、規約により、リーグ戦に出場できなかった。それでも昨年度のトップリーグでは開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮し、日本代表に復帰し、さらに今年のサンウルブズで高いパフォーマンスを発揮、現在、日本代表の9番を背負っている選手だ。
大阪府出身で岬ラグビースクールで小学3年から競技を始める。江の川(石見智翠館)高、大東文化大学を経てNECへ。3年目の2015年にはNZ留学し、オークランド代表としてITM杯(現・Mitre10杯)の決勝にも出場した唯一の日本人選手となった。2016月6月、日本代表としても活躍し、スコットランド代表戦のトライは、ワールドラグビーの年間最高トライ賞の候補にも選出された。
昨年度のトップリーグではトヨタ自動車の副将にも就任し、パス、キックと高いパフォーマンスを披露。サンウルブズでは4シーズンすべてでプレーし昨年は2試合だったが、2019年は9試合に出場、日本代表コーチ陣へのアピールに成功した。7月末のフィジー代表戦、9月の南アフリカ代表戦と先発を任されるなどコーチ陣の信頼は厚い。自身初となるワールドカップで日本代表のベスト8進出に貢献したい。
元サントリーSO(スタンドオフ)阪本圭輔とは、岬ラクビースポーツ少年団から一緒にプレーする幼なじみで、兄の洸気はNTTドコモでプレーするWTB(ウィング)で、2019年度は直接対決もありそう。愛称は「かいと」。父親は昨年9月に日本代表が合宿をした和歌山上富田町出身で和歌山県警に勤務しているという。

  • 所属クラブ
    トヨタ自動車
  • 生年月日
    1990年11月21日
  • 身長/体重
    170cm/75kg
  • 代表キャップ
    10