RWC2019

Asaeli Ai Valu

ヴァルアサエリ愛

日本代表
ポジション
PR
ヴァルアサエリ愛

No.8から転向後、2年で代表入りした突破力のあるPR

今年のPNC(パシフィックネーションズ・カップ)で3戦連続先発し、評価を上げた右PRだ。トンガから高校(埼玉・正智深谷)時代に来日しており、2014年に日本国籍を取得。アサエリ・ヴァルから現在の名になった。
12歳でラグビーを始め、タックルが強く突破力のあるNo.8だったが、パナソニックでの出場機会を求めて、2015年11月からPRに転向し、たった2年で日本代表まで登り詰めた努力家だ。2017年秋の日本代表欧州遠征で活躍し、フランス代表からもトライを挙げた。そして2017年度には初めてトップリーグのベスト15にも選出されるなど、すっかり右PRが板についてきた。得意のボールキャリーだけでなく、スクラムワークも徐々に上達。昨年、初挑戦となったサンウルブズでは、腰の負傷のため3節のレベルズ戦1試合のみの出場。また、昨年6月のテストマッチ期間も、5月末の宮崎合宿に参加したのみとなったが、昨秋には再び日本代表に選出された、ウルフパックや合宿でアピールし、さらにPNCでの活躍もあり、ワールドカップのメンバー入りを果たした。父は元トンガ代表FL。4人の姉と兄は全員海外で仕事をし、姉はトンガ女子代表経験があり、現在はフランスでプレー。名前に「愛」の字を入れたのは、夫人の名前が愛里(あいり)さん(元プロテニスプレイヤー、コメディアン萩本欽一さんの姪)だったからとのことだ。トンガ代表と日本代表で悩んだが日本代表を選択。高校時代は中島とトンガU15でチームメイトだった。「アサ」。

  • 所属クラブ
    パナソニック
  • 生年月日
    1989年5月7日
  • 身長/体重
    187cm/115kg
  • 代表キャップ
    9