RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

AJ MacGinty

AJマクギンティ

アメリカ代表
ポジション
SO/CTB
AJマクギンティ

冷静なゲームコントロールが光るイケメン司令塔

AJは父親の名もAlanであることからAlan Juniorの頭文字であり、アメリカを代表する大型SOで、イケメン選手としても知られる。アイルランド・ダブリン生まれ。高校卒業後、ニューヨークのクラブでプレーするために渡米し、その後、2012年にライフ大学でスポーツ健康科学を学ぶためジョージア州に移る。2015年のパシフィック・ネーションズカップで初めて、アメリカ代表に招集されサモア戦で初キャップを獲得し、日本戦にも出場した。そのままワールドカップでも3試合に出場して25得点を挙げた。正確なキックと、冷静なゲームコントロールを武器とするワールドカップ終了後にアイルランドに戻りコナートでプレーした後、2016年からはイングランドのセール・シャークスに在籍する。幼少期は子役俳優をしており、14歳の時アンジェリーナ・ジョリー、コリン・ファレルらと映画「アレキサンダー」に出演した。

  • 所属クラブ
    セール・シャークス(イングランド)
  • 生年月日
    1990年2月26日
  • 身長/体重
    185㎝/95㎏
  • 代表キャップ
    21(2015年W杯出場)