RWC2019

Keita Inagaki

稲垣啓太

日本代表
ポジション
PR
稲垣啓太

体格は世界基準。スクラムは強く、機動力もある右PR

2015年、日本人PRとして初めてスーパーラグビープレイヤーとなった日本を代表する選手のひとりだ。世界基準の体格でスクラムは強く、運動量豊富で、突破力もあり、タックルも強い。2015年ワールドカップ(W杯)も出場し、トップリーグでは1年目から、2018年度まで6シーズン連続ベスト15を受賞中だ。もともとは野球部だったが、ラグビーをしていた兄の影響で中学3年から競技を始めた。兄と同じ新潟工業に進学し、高校2年、3年と花園に出場。高校3年時にU20日本代表候補に選ばれた逸材で、関東学院大学で主将を務めた。2013年からはパナソニックに入り、全試合に出場して2冠獲得に貢献し、トップリーグの新人賞にも輝いた。2014年秋には代表初キャップを獲得、2015年にはレベルズで1試合出場するなど、着実に経験を積み、2015年W杯では日本代表の3勝にも寄与。サンウルブズでもプレーするなど国際経験を積んで、日本代表FW陣には欠かせない選手として、リーダーも任されている。大食漢で有名で、時折、TVにも出演する。お洒落が趣味で読書やゴルフもたしなむ。母校愛が強く、新潟工業を何度も指導しており、今春は母校のグランドの天然芝化に初期費用を全額寄付する男気を見せた。

  • 所属クラブ
    パナソニック
  • 生年月日
    1990年6月2日
  • 身長/体重
    186cm/116kg
  • 代表キャップ
    25(2015W杯出場)