RWC2019

Yu Tamura

田村優

日本代表
ポジション
SO
田村優

指揮官の信頼も厚い、日本を勝利に導く天才肌の司令塔

2016年以降、日本代表の10番を背負い続けている不動の司令塔だ。ジェイミー・ジョセフ、トニー・ブラウンコーチからも「日本で一番のSO」と信頼も厚く、同期のキャプテンFLリーチ マイケル選手も「天才」と称するほどの選手である。スペースをしっかり見極めることもでき、パス、ラン、そしてサッカー仕込みのキックで自在にボールを運ぶ。2015年にはハイランダーズの練習に参加し、サンウルブズにも2016年から4年連続参加した。中学時代までサッカーをしており、プレースキックも正確だ。父親(誠氏)の友人である吉岡肇監督が指揮する國學院大栃木高でラグビーを始め、明治大で1年から先発を任されるなど中心選手として活躍。NECに入り、中軸としてチームを引っ張り、2017年度からキヤノンへ移籍した。現在、日本代表でもリーダーのひとりとして、練習から声を出してチームを引っ張っている。2015年大会はチームの中軸ではなく、控え選手だった。その悔しさをバネに自国開催のワールドカップで勝利をもたらす10番としてチームに勝利をもたらすはずだ。母が沖縄出身のため、沖縄育ちで、休みがあれば沖縄で過ごす。やぎ汁が好物。弟の煕もサントリーで10番として活躍している。

  • 所属クラブ
    キヤノン
  • 生年月日
    1989年1月9日
  • 身長/体重
    181cm/92kg
  • 代表キャップ
    54(2015年W杯出場)