RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Fumiaki Tanaka

田中史朗

日本代表
ポジション
SH
田中史朗

ジョセフHCのラグビーを誰よりも知る「小さな巨人」

「フミ」こと田中史朗と言えば、2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手となったパイオニアだ。2015年にはジェイミー・ジョセフHC(当時)の下、ハイランダーズの初優勝にも貢献し、同年のワールドカップでも存在感を示して日本代表の3勝に貢献した。判断力、球裁きは世界トップクラスで、FWを使うのも上手い。身長166cmの小柄な体格ながらタックルでも身体を張る。小学4年頃、競技を始め、伏見工業高では花園ベスト4、京都産業大では大学選手権ベスト4に貢献した。2007年に三洋電機(現パナソニック)入りし、1年目から活躍し日本選手権優勝に寄与し、トップリーグ新人賞にも輝いた。2008年春に代表初キャップを得ると、その後は代表中軸となり、2度のワールドカップにも出場するなど国際経験を積んできた。ジョセフHCの信頼厚く、経験値では他のSHと比べて頭ひとつリードしている。今年で34歳のベテランのため最後のワールドカップとなろう。老獪な球裁き、裏へのキックなどでゲームをコントロールする。実家は京野菜を作っている農家。趣味はUFOキャッチャー。夫人は三洋電機などで活躍した元バドミントン選手の智美さん(旧姓・作山)

  • 所属クラブ
    キヤノン
  • 生年月日
    1985年1月3日
  • 身長/体重
    166cm/72kg
  • 代表キャップ
    69(2011、15年W杯出場)