RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Malcom Marx

マルコム・マークス

南アフリカ代表
ポジション
HO
マルコム・マークス

突破力もありジャッカルも上手い、世界トップクラスのHO

2019年ワールドカップで南アフリカが優勝するのであれば、この男が活躍するはずだ。スクラムでの強さはもちろんのこと、ボールキャリア、ラインアウトから自らモールでトライを取る決定力も高くジャッカルも上手い万能型のHOだ。南アフリカのFW第1列の選手としては小柄ということで、高校までは主にFLなどバックローの選手だったが、テンポの速い現代のラグビースタイルに合うということで、2015年ワールドカップを指揮した南アフリカ代表ハイネケ・メイヤーの勧めでHOに転向した。10代前半から注目されていたが、2016年に南アフリカ代表の中軸だったアドリアーン・ストラウスの後継HOとしてスプリングボクスに招集されて瞬く間にスターダムにのし上がった。2017年は南アフリカ最優秀選手、最優秀若手選手、南アフリカのスーパーラグビー最優秀選手の3冠を獲得した。2018年もスーパーラグビー全体の「ベスト15」だけでなく、南アフリカ国内のスーパーラグビー最優秀選手に選出。今、最も勢いのあるFWのひとりだ。女手一つで育てられたこともあり、母親をとても大切にしている。少年時代は水球をしており、あだ名はヘラジカを意味する「ムース」。ワールドカップ後の2019年度のトップリーグではNTTコミュニケーションズでのプレーが決まっている。

  • 所属クラブ
    ライオンズ
  • 生年月日
    1994年7月13日
  • 身長/体重
    189cm/112kg
  • 代表キャップ
    24