RWC2019

Gary Gold

ギャリー・ゴールド

アメリカ代表
HC(ヘッドコーチ)
ギャリー・ゴールド

元神戸製鋼HC。緻密かつ熱い指導に定評のある指導者

1967年、南アフリカ・ケープタウン生まれ。2001年にロンドン・アイリッシュのFWコーチとして指導者の道を歩み始めて、ロンドン・アイリッシュのHC、南アフリカ代表のアシスタントコーチ、スーパーラグビーのストーマーズやシャークスのHC、イングランド・バースのHCなどを歴任した。2014-15シーズンにはトップリーグの神戸製鋼の初の外国人HCに就任、手腕を発揮した。2018年から、現イングランド代表コーチのジョン・ミッチェルの後任としてアメリカ代表の指揮を執っている。