RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Camille Lopez

カミーユ・ロペス

フランス代表
ポジション
SO
カミーユ・ロペス

キックに定評のある、冷静なコントロールがウリのSO

バスク地方の出身で、現在はチーズ店で働いている父もラグビーのBK選手だった。4歳上の兄も所属していた地元のクラブで6歳の時にラグビーを始めた。2009年にボルドーに入団し、4シーズンで500点以上を挙げる活躍を見せた。1シーズン、ペルピニャンでプレーしたのち、2014年からはクレルモン・オーヴェルニュで活躍している。2015年、2017年とヨーロピアン・チャンピオンズカップの決勝に進出しているが、いずれもチームを優勝に導くことはできなかった。だが2019年、ヨーロピアン・チャレンジカップ(チャンピオンズカップに次ぐ大会)で優勝し、自身初のヨーロッパタイトル獲得となった。2012年にはフレンチバーバリアンズのメンバーとして来日し、東京でJAPAN XVと2試合戦い、翌年のフランスでも再び対戦している。2013年5月のニュージーランド遠征で初めてフランス代表に選出され、選出され、6月に初キャップを獲得。2015年のワールドカップメンバーには選ばれることはなかったが、2017年以降、フランス代表の司令塔としてコンスタントに試合に出場しており、2019年ワールドカップに懸ける思いは強い。幼馴染であった夫人との間に2人の息子がいる。

  • 所属クラブ
    クレルモン・オーヴェルニュ
  • 生年月日
    1989年4月3日
  • 身長/体重
    175cm/86kg
  • 代表キャップ
    22