RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Ben Volavola

ベン・ヴォラヴォラ

フィジー代表
ポジション
SO
ベン・ヴォラヴォラ

柔らかいプレーも得意な大型SO。イケメン選手としても有名

190cmを超える体格を持ち、突破力に長けた大型司令塔だ。柔らかいステップ、ランも武器としており、自らトライを取る能力も高い。オーストラリアのシドニーでインド系の父親とフィジー人の母に生まれる。母方の祖父はかつてのスヴァ市長だったという。9歳でフィジーに移住するが、高校入学前に再びオーストラリアに戻り、2011年にはU20オーストラリア代表として活躍。2013年にはワラターズで念願のスーパーラグビーデビューを果たし、フィジー代表として2015年ワールドカップメンバーに選ばれ、プール戦4試合すべてに出場した。その後、2016年にはダン・カーターの替わりを務める司令塔として期待されクルセイダーズ(ニュージーランド)に移籍。翌年の2017年には再びオーストラリアに戻りレベルズでプレー。その後はフランスに渡り、ボルドーを経て現在はラシン92に在籍している。プライベートでは、アメリカの女優シェイリーン・ウッドリーと交際していることで大きな話題を呼んだ。日本代表やサンウルブズでプレーしている、母がフィジー人のラーボニ・ウォーレンボスアヤコとは親戚だという。

  • 所属クラブ
    ラシン92(フランス)
  • 生年月日
    1991年1月13日
  • 身長/体重
    191㎝/96kg
  • 代表キャップ
    29(2015年W杯出場)