RWC2019

Leone Nakarawa

レオネ・ナカラワ

フィジー代表
ポジション
LO
レオネ・ナカラワ

長身ながらオフロードパスも上手い世界屈指のLO

7人制も15人制でもフィジーラグビーを牽引してきたFWのひとり。198cmと身体能力が高く、長い手を使ったオフロードパスが得意な世界屈指のロックの一人で、7人制も15人制の日本代表も彼に苦しめられてきた。当然、スクラムやラインアウトといったセットプレーでもチームに貢献する。15人制のフィジー代表としては2009年のトンガ代表戦でデビューした。だが2011年ワールドカップは陸軍に従事していたため、除隊して出場した。その後、退役してプロのラグビー選手となり、2013年からはスコットランドのグラスゴー・ウォーリアーズに移籍。念願かなって2015ワールドカップに出場し、チームの成績は振るわなかったものの、ベスト15にあたる「ドリームチーム」に選出されるほどのインパクトを残した。2015-16シーズンからはフランスのラシン92に所属している。セブンズでは2016年のリオ五輪にも出場し、フィジー史上初めてのメダルとなる金メダルを獲得にも寄与した。今大会は数少ないベテランとしてチームを牽引する。

  • 所属クラブ
    ラシン92(フランス)
  • 生年月日
    1988年4月2日
  • 身長/体重
    198㎝/109kg
  • 代表キャップ
    54(2011年、15年W杯出場)