RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Gary Ringrose

ギャリー・リングローズ

アイルランド代表
ポジション
CTB
ギャリー・リングローズ

オドリスコルの後継者!BKを引っ張る若きCTB

アイルランドのレジェンドCTBブライアン・オドリスコルの後継者と言われ、アイルランドBKの中心選手である。パスを受ける瞬間に巧みにコースを変え、まともにタックルを受けず、タックルを受けたときのオフロードパスも精度が高い。ディフェンスのギャップを見つけると瞬時の加速でトライまで走りきる力も持っている。
U20アイルランド代表としてジュニアワールドチャンピオンシップに出場し、3トライを挙げる活躍を見せ準決勝まで進出し、その年のワールドラグビー・ジュニアプレイヤーオブザイヤーにもノミネート。そのパフォーマンスを見て、レンスターの指揮官がトップチームに抜擢し、2015年9月に20歳でプロデビューした。そこから一気にチームの主軸となり、プロ12(元プロ14)の決勝進出に貢献した。2016年の秋にアイルランド代表に初招集された。歴史的勝利を挙げたオールブラックス戦ではベンチ入りしたものの、出場はできず、次のカナダ戦で初キャップ獲得となった。さらにオーストラリア戦で代表初トライを挙げ、翌2017年の日本遠征では2試合とも出場し2トライを挙げた。
しかし日本遠征から帰国後、痛めていた肩を手術し、約5か月間離脱。長期リハビリを経て、レンスターの戦列に復帰し、2018年のシックスネーションズのスコットランド代表戦にアウトサイドセンターで先発出場し復帰した。
最近まで両親と弟妹と暮らしていたが、近くに新居を購入。ピップという名前のダックスフントを飼っている。現在も大学でビジネスと法を学んでおり、練習の合間を縫って授業に出てきちんと単位を取得しているという。
2019年ワールドカップで活躍すること間違いない若きCTBだ。

  • 所属クラブ
    レンスター
  • 生年月日
    1995年1月26日
  • 身長/体重
    188cm/95kg
  • 代表キャップ
    20