RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Kieran Read

キアラン・リード

ニュージーランド代表
ポジション
No.8
キアラン・リード

代表キャップは100超。キャプテンシーも長けたバックロー

オールブラックスを束ねるキャプテンで、2011年、2015年のワールドカップ2連覇に貢献した、リーダーシップに長けたNo.8だ。すでに代表キャップは100を超えている。
ボールキャリアとしての能力も高く、接点で最後まで身体を張り続けて、空中戦にも強い。2013年には、その活躍が評価されてIRB(現ワールドラグビー)の年間最優秀選手に輝いた。
高校時代は文武両道で、2000人規模の高校でスポーツでも学業でもトップの成績だったという。クリケットの腕前はプロ級だったが、高校時代にラグビーに専念し、2007年にクルセイダーズ入り。そして、2008年にオールブラックス初キャップを獲得。2011年、2015年ワールドカップの連覇に貢献。2016年にリッチー・マコウの後を継ぎ、ニュージーランド代表でも新キャプテンに任命された。今年、クルセイダーズでは3連覇に貢献した。
競馬ファンでもあり、クルセイダーズのチームメイトだったSHアンドリュー・エリス(神戸製鋼)と競走馬の共同オーナーになっているほど。ボランティア活動にも熱心で、クライストチャーチ地震以降は清掃活動などを積極的に行っていた。
2020年は日本のトヨタ自動車でプレーする予定だ。その前に、果たして、オールブラックスを3連覇に導き、ウェッブ・エリスカップを掲げることができるか。

  • 所属クラブ
    クルセイダーズ(来季からブルーズ)
  • 生年月日
    1985年10月26日
  • 身長/体重
    193cm/110kg
  • 代表キャップ
    118(2011年、15年W杯出場)