RWC2019

Chrysander Botha

クリサンダー・ボタ

ナミビア代表
ポジション
WTB/FB
クリサンダー・ボタ

スピードが武器。ナミビア史上最多トライ記録を持つ

28トライというナミビア代表史上最多トライ(2019年6月現在)の記録も持つスピードスターでWTB、FBといったバックスリーとしてプレーしている。現在はナミビアだが、かつて南アフリカ領だったワルヴィス・ベイ出身だ。父はラグビー、母は陸上選手というスポーツ一家に育ち、幼少期はスプリングボクスのファンだったが、憧れの選手はオールブラックスのFBとして活躍したクリスチャン・カレンだった。少年時代はラグビー以外にサッカーでも才能を見せ、サッカーのU17代表にも選出される程だったが、最終的にラグビーの道を選択した。父がコーチを務める地元のクラブから、ライオンズやキングストいった南アフリカのクラブでプレーし、2014―16年はイングランドのエクセター・チーフスでプレーした。好きな食べ物はスパゲッティ・ボロネーゼとトロピカルジュース。趣味は釣りで休日は子供と過ごす。決定力の高いフィニッシャーとしてワールドカップでもトライを量産する。

  • 所属クラブ
    ウェルウィチャス
  • 生年月日
    1988年7月13日
  • 身長/体重
    188cm/78kg
  • 代表キャップ
    56(2015年W杯出場)