RWC2019

Renaldo Bothma

レナルド・ボスマ

ナミビア代表
ポジション
FL
レナルド・ボスマ

日本でプレーした経験も持つ、激しさがウリのFL

2015年から1シーズン、日本のトヨタ自動車でもプレーした激しさがウリのFL。南アフリカ生まれで愛称は「ダドゥ」。弟がレナルドを上手く発音できなかったことが由来だという。8歳でラグビーを始め、サントリーでもプレーしたスプリングボクスのスカルク・バーガーに憧れ、子供の頃はどこに行くにもラグビーボールを離さなかったという。南アフリカのライオンズやシャークス、ブルズなどでプレー。母がナミビア人であるため、2014年にケニア代表戦でナミビア代表デビューし、2015年、自身初となるワールドカップではニュージーランド代表、トンガ代表、ジョージア代表戦の3試合に出場した。2017年からイングランド・プレミアシップのハリクインズでプレーしている。ラグビー以外に、ホームサービス全般のアプリの会社を昨年立ち上げたり、またアクセサリーショップも経営したりするなど実業家としての顔も持つ。好物はアフリカンバーベキュー。昨年結婚し、最近娘が誕生したばかりだ。日本でプレー経験のある数少ないナミビア代表として、チームを牽引する。

  • 所属クラブ
    ハリクインズ(イングランド)
  • 生年月日
    1989年9月18日
  • 身長/体重
    190cm/105kg
  • 代表キャップ
    17(2015年W杯出場)