RWC2019

Siale Piutau

シアレ・ピウタウ

トンガ代表
ポジション
CTB
シアレ・ピウタウ

突破力に長けたCTB。主将としてチームを引っ張る

ニュージーランド・オークランドでタクシー運転手の父と看護師の母の間に生まれた。ハイランダーズでトライゲッターとして活躍した後、2012年度から2016度年までヤマハ発動機に在籍し突破役として活躍し、2014年度の日本選手権優勝にも貢献した。4人の子どもも奥さんも日本が気に入っていたという。2016年には期限付きでイングランドのワスプスにも在籍。2011年、2105年のワールドカップではトンガ代表として予選プール全試合に出場し、現在はトンガ代表のキャプテンを務めている。2017年からはブリストルに移籍した。10人兄弟で弟・チャールズはニュージーランド代表で、2013年に行われた日本戦にもWTBとして出場し、現在は兄と同じブリストルでプレーしている。今年の4月に最愛の妹を病気で失くすという不幸に見舞われたが、気丈にも共同キャプテンとしてトゥイッケナムで行われたバース戦に出場した。愛称は「アレ」。トンガ代表として、再び日本でピウタウのプレーが見られることを楽しみにしているファンも多いだろう。

  • 所属クラブ
    ブリストル
  • 生年月日
    1985年10月13日
  • 身長/体重
    185㎝/97㎏
  • 代表キャップ
    35(2011年、15年W杯出場)