RWC2019

Sione Vailanu

シオネ・ヴァイラヌ

トンガ代表
ポジション
FL/No.8
シオネ・ヴァイラヌ

朝日大出身。再び、日本でその自慢の突破力を見せるつけるか

朝日大学の吉川充監督の目にとまり、トンガ・カレッジから日本の岐阜県にある同校に入学し、卒業までプレーした。身長180cm、体重120kgを超える体格を活かして突破役として大いに活躍したNo.8である。とくに2017年度の大学選手権の福岡工大戦での勝利に貢献した。なかなか日本のトップリーグのチームに決まらない中で、トンガ代表として出場していた香港10sでの活躍が目にとまり、イングランドのプレミアシップの強豪サラセンズに練習生で誘われて、正式契約を果たした。また大学在学中の2017年にはトンガ代表に招集され、11月18日にフランスのトゥールーズで行われた日本戦で初キャップを獲得している。欧州有数のクラブであるサラセンズでは思うような活躍はできなかったこともあり、2019年からは同じプレミアシップのワスプスでプレーする予定だ。「2019年のワールドカップは日本に戻ってきてトンガ代表として試合に出たい」と語っていたヴァイラヌ。それを実現することができそうだ。

  • 所属クラブ
    ワスプス
  • 生年月日
    1995年1月25日
  • 身長/体重
    185cm/120kg
  • 代表キャップ
    4