RWC2019

Stuart Hogg

スチュアート・ホッグ

スコットランド代表
ポジション
FB
スチュアート・ホッグ

カウンターアタックが武器の世界最高峰のFB

2015年に続いて日本代表がワールドカップで対戦することが決まったスコットランド代表。そのBKの中心選手はキャプテンのSHグレイグ・レイドロー、そしてもう一人が最後尾からランでチームを引っ張るFB(フルバック)スチュアート・ホッグである。
「世界最高峰のFB」のひとりとしてスコットランド代表の顔となったホッグ。FBとしてスピードを活かしたカウンターアタックが武器だが、SO、CTBとしてもプレーできるスキルに長けている。
セブンズ発祥の地メルローズの出身で、兄もグラハムもスコットランド7人制代表として活躍し、自身も7人制代表でもプレーした経験もある。2011年にグラスゴーでプロデビューを果たすと、2011-12シーズンからチームの中心として活躍。国際舞台でも2012年のシックスネーションズにおいて19歳で代表デビューを果たした。2017年の3月のシックスネーションズを最後に勇退した代表指揮官のヴァーン・コッター氏の攻撃的なラグビーにもマッチし、スコットランドを2015年ワールドカップでベスト8、そして世界ランキング5位へと上昇させる立役者のひとりとなった。また2015年、2016年のシックスネーションズの大会MVPに選出され、最年少で選ばれた2013年のライオンズのオーストアリア遠征に続き、2017年も文句なしでライオンズのニュージーランド遠征のメンバーに選出された。
実は高祖母の名字は「ベスト」で、サッカーの北アイルランド代表であり、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドで活躍したサッカーの名選手であるジョージ・ベストの遠縁にあたるという。ハリー・ポッターファンとしても有名だ。
予選プールで対戦する日本代表も、マークしなければいけない相手であり、彼にスペースを与えてはいけない。

  • 所属クラブ
    グラスゴー・ウォーリアーズ
  • 生年月日
    1992年6月24日
  • 身長/体重
    180cm/93kg
  • 代表キャップ
    67(2015年W杯出場)