RWC2019

Bernard Foley

バーナード・フォーリー

オーストラリア代表
ポジション
SO
バーナード・フォーリー

判断力に長けたSO。「アイスマン」の異名を取る

2015年のワールドカップでは冷静な判断と攻撃的なラン、ロングパス、そして正確なプレースキックでワラビーズの準優勝に貢献した司令塔だ。30歳で迎える2度目のワールドカップでは再び上位進出を目指す。
シドニー生まれのフォーリーは元々セブンズで頭角を現した。2009年から7人制オーストラリア代表として活躍し、2010年にはコモンウェルス大会で銀メダルを獲得に貢献。2010-11シーズンはキャプテンとしてワールドシリーズにも参戦し、2011年には7人制の最優秀選手にも選出された。
2011年からワラターズでプレーし、すぐにSOの定位置を確保。2014年スーパーラグビーのプレーオフ決勝で、冷静なキックでワラターズに優勝をもたらした。また2013年に15人制でも代表デビューを果たし、安定感あるプレーを見せて2015年にはワールドカップにも出場した。2015-16シーズンは日本のリコーでもプレーし、ワールドカップ後は再び日本のトップリーグでプレーする予定だという。父は弁護士で、弟はアメリカンフットボール選手だ。
冷静なプレーぶりからついたあだ名は「アイスマン」。再び、その冷静沈着なプレーでまずはワラビーズをしっかり決勝トーナメントに導きたい。

  • 所属クラブ
    ワラターズ
  • 生年月日
    1989年9月8日
  • 身長/体重
    182cm/89kg
  • 代表キャップ
    69(2015年W杯)