RWC2019

Felipe Berchesi

フェリペ・ベルチェシ

ウルグアイ代表
ポジション
SO
フェリペ・ベルチェシ

2大会連続ワールドカップに導いた〝海外組〟の司令塔

ウルグアイ代表では数少ない、海外での経験も豊富なチームの司令塔だ。飛距離のあるキック力も魅力で、自陣からPGを決めたこともあるSOだ。地元モンテビデオのカラスコ・ポロ・クラブから2013年に渡欧してイタリアのクラブでプレー、以降シャンベリー、カルカソンヌ、ダックスとフランスでプレーを続けている。セブンズ代表経験もあり、2013年のセブンズのワールドカップに出場した。15人制では2011年にポルトガル代表戦で初キャップを獲得し、2014年、ワールドカップ最終予選のロシア戦2試合で21点を挙げる活躍を見せ、ワールドカップの切符を獲得し、2015年ワールドカップでも3試合に出場した。2019年大会のアメリカ第2代表を決めるプレーオフでも、カナダ代表相手に2試合で25点を取り、2大会連続出場に大きく貢献。2019年大会でも、当然、チームのゲームコントローラーとしての活躍が期待されている。フランス人のガールフレンドと現在、いっしょに暮らしている。建築の勉強をラグビーのために中断しているので、ダックスの大型ショッピングセンターでデザイン関係の仕事を手伝っているという。

  • 所属クラブ
    ダックス(フランス)
  • 生年月日
    1991年4月12日
  • 身長/体重
    178cm/80kg
  • 代表キャップ
    32(2015年W杯出場)