RWC2019

George North

ジョージ・ノース

ウェールズ代表
ポジション
WTB
ジョージ・ノース

18歳で代表デビューを飾った、突破力が魅力の大型WTB

若い頃からウェールズ代表の大型WTBとならしてきたのがジョージ・ノースだ。ウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)も「体格に恵まれているだけでなく、スキルも高い」と絶賛し、地元メディアからはニュージーランドの伝説的WTBになぞらえて「ウェールズのジョナ・ロムー」と称されることもあるように、フィジカルを活かした力強いランを武器としている。
父親がイングランド人、母がウェールズ人でイングランドに生まれたが、2歳でウェールズに移り住み、ウェールズ語も堪能だという。2010年に18歳でウェールズ代表に初選出され、同年11月の南アフリカ戦でデビューし、試合は25−28で敗れたもののウェールズ史上最年少で2トライを上げる活躍を見せた。最初はWTBシェーン・ウィリアムズやWTBモーガン・ストッダートの控え的存在だったが、ストッダートのケガでレギュラーに定着し、2011年のワールドカップに出場。続いて2015年のワールドカップも経験した。
日本での競輪経験もある、リオオリンピックの自転車スプリント銀メダリストのベッキー・ジェームズと今年になって結婚した。
2013年からイングランド・プレミアシップのノーサンプトン・セインツでプレーしたが、2018年にウェールズに戻り、現在はオスプリーズでプレーする。すっかりベテランとして風格が出てきたノースだが、突破力はまだまだ健在。3度目のワールドカップで爆発なるか。

  • 所属クラブ
    オスプリーズ
  • 生年月日
    1992年4月13日
  • 身長/体重
    194cm/109kg
  • 代表キャップ
    83(2011、15年W杯出場)