RWC2019

Alun Wyn Jones

アラン・ウィン・ジョーンズ

ウェールズ代表
ポジション
LO
アラン・ウィン・ジョーンズ

激しく、強く。ウェールズを引っ張るレジェンドLO

ウェールズ代表でキャプテンを務める、ベテランLOのアラン・ウィン・ジョーンズだ。テストマッチでおよそ2500のラインアウトをキャッチし、1000回のスクラムを数える、まさにウェールズラグビーのレジェンドである。そのヒゲの風貌や年齢以上に落ち着いた姿から、「古代ガリアの戦士」と呼ばれることもある。
2006年から10年以上もウェールズ代表選手としてプレーし、キャップは現在まで125を誇る。そのうち先発出場したのが何と100試合以上でウェールズ最多であり、ウェールズ最多キャップのPR(プロップ)ゲシン・ジェンキンスの129を今大会で塗り替えるだろう。またLOとしても南アフリカのヴィクター・マットフィールドを抜いて世界最多キャップホルダーである。
ウェールズ代表ではしばしばサム・ウォーバートンに代わりキャプテンを務めることも多かったが、ウォーバートンの引退により正式にスキッパーに指名。2016年の秋のテストマッチシリーズでは、父の死去の2日後のアルゼンチン代表戦に復帰し、MOMを獲得する気迫のこもったパフォーマンスを見せた。シックスネーションズでもウェールズで3度のグランドスラムを経験。今年のグランドスラムを決めたアイルランド代表戦では19タックルをミスなく決めて、最優秀選手にも選出される。心身ともに無類のタフネスで、今や世界のベストLOとの呼び声が高い。 また、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ遠征にも3度参加している。 地元のスウォンジー大学で法律を収めたインテリでもあり、普段は一人でいるのが好きな物静かな一面もあるという。
ウェールズ代表初の決勝進出、そして優勝という目標を達成するには闘将の活躍が欠かせない。

  • 所属クラブ
    オスプリーズ
  • 生年月日
    1985年9月19日
  • 身長/体重
    196cm/108kg
  • 代表キャップ
    125(2007、11、15年W杯出場)