RWC2019

Warren Gatland

ウォーレン・ガットランド

ウェールズ代表
HC(ヘッドコーチ)
ウォーレン・ガットランド

今大会でウェールズを去るNZ出身の世界的名将

1963年ニュージーランド・ハミルトン生まれ。現役時代はHOとしてプレーした。指導者としてニュージーランドやアイルランド、イングランドなどのクラブでコーチを経験した後、2007年にウェールズのヘッドコーチに就任。2008、2012、2013、2019年とグランドスラム3回を含む4回のシックスネーションズ優勝に導いた。2013、2017年にはブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズを率い、2021年の南アフリカ遠征でも指揮をとる予定。ワールドカップ終了後に故郷のニュージーランドに戻り、地元のチーフスのヘッドコーチ就任が決定している。息子のブリンもブルーズに所属するラグビー選手だ。