RWC2019

Nicolas Sanchez

ニコラス・サンチェス

アルゼンチン代表
ポジション
SO
ニコラス・サンチェス

2015年ワールドカップ得点王。スキルの高いSO

2015年ワールドカップ(W杯)では97得点を挙げ、アルゼンチン代表としては1999年のゴンサロ・ケサダ以来の得点王となり、チームのベスト4の原動力になったSOだ。決して身体は大きくないがラン、パス、キックといったスキルが高く、小柄だが、スキルフルな選手であり、精確なプレースキックでチームの得点源として君臨する司令塔だ。
2010年5月ウルグアイ代表戦で初キャップを獲得し、2011年のワールドカップメンバーに選ばれ、1試合に出場した。その後はアルゼンチン代表で10番の定位置を確保し、2014年のラグビー・チャンピオンシップでは54点で得点王に輝いた。さらに2015年ワールドカップで得点王にも輝いた。
ボルドー、トゥーロンとフランスで4シーズンプレーした後、2016年母国のジャガーズでスーパーラグビーに初挑戦し、2シーズンで25試合に出場、230点を挙げた。2018年、スタッド・フランセに移籍した。この1月に足首を怪我したが、トップ14で14試合、チャレンジカップで3試合に出場し133得点を挙げた。
2015年に結婚した夫人との間に昨年2月に男の子が誕生。大の犬好きで大型犬を数頭飼っている。
アルゼンチン協会セレクション方針変更のため、ジャガーズの一員でなくても必要な存在であれば代表に招集されるようになった。2019年W杯もサンチェスが得点王になる働きを見せれば、きっとアルゼンチン代表も上位に進出しているはずだ。

  • 所属クラブ
    スタッド・フランセ
  • 生年月日
    1988年10月26日
  • 身長/体重
    177cm/83kg
  • 代表キャップ
    75(2011年、15年W杯出場)