RWC2019

ラグビーワールドカップ2019 2019.9.20-11.2

Agustin Creevy

アガスティン・クレービ

アルゼンチン代表
ポジション
HO
アガスティン・クレービ

アルゼンチンを引っ張る闘将。オフロードパスも上手い

出場すれば3度目のワールドカップ(W杯)出場となる、「ロス・プーマス」を引っ張る闘将だ。スクラム、ラインアウトの中核となるHOながらハンドリングスキルに優れ、オフロードが得意なことから、フランスのモンペリエ在籍時は「ソニー=ビル・クレービ」とも称された。もともとバックローだったが、2009年にHOに転向した。
主にフランスでプレーしていたが、ビアリッツ在籍時に肩を故障。当時のアルゼンチン代表監督サンティアゴ・フェランに勧められ、契約を解除してアルゼンチンに戻り、2016年からジャガーズに入団して、今に至る。
アルゼンチン代表としては、2005年の日本代表戦で初キャップを獲得。2011年と2015年のワールドカップに出場、ジャガーズでもスーパーラグビー参入した2016年からの2年間はジャガーズのキャプテンを任されるなど、リーダーシップにも優れている。
「クレービ」という名前はアイルランドにルーツを持つという。好きな食べ物はフライドポテトとイタリア料理だという。34歳となるベテランが、悲願のW杯決勝進出に向けて闘志を燃やす。

  • 所属クラブ
    ジャガーズ
  • 生年月日
    1985年3月15日
  • 身長/体重
    181cm/110kg
  • 代表キャップ
    84(2011年、15年W杯出場)