RWC2019

Yoshitaka Tokunaga

徳永祥尭

日本代表
ポジション
FL
徳永祥尭

ボールキャリアに秀でた元五輪選手。緊急時はWTBも?

2016年は7人制日本代表として、リオデジャネイロ五輪も経験した、突破力がウリのバックローだ。花園やU20日本代表で、ゲインを繰り返してきたように、ボールキャリアが得意だったが、近年、起き上がるスピードも速く、タックラーとしても成長中した。
親の影響で7歳から宝塚ラグビースクールでラグビーを始め、中学時代は兵庫県のスクール選抜に選ばれ、進学した関西学院高等部では花園ベスト4、そして関西学院大学では関西王者に輝くなど実績を残してきた。
2015-16シーズン、東芝でルーキーながら試合に出場し、存在感を示していた。だが、6試合の出場停止となり、新人賞の夢はかなわなかった。それでも、トップリーグに出場できなかった悔しさをバネに、見事に7人制日本代表に選出され、リオ五輪に出場しベスト4に貢献した。
その後、15人制でも活躍するようになり、2017年、韓国代表戦で初キャップを獲得。2017年からサンウルブズでもプレーし、昨年のサンウルブズではケガ人が続出したときは走力を買われてWTBでもプレー。今シーズンは、3月に日本代表候補の合宿中に顔面を骨折したが、プレートを入れての復活となった。ボールキャリー、タックルだけでなく、機動力もあり、ラインアウトではジャンパーにもなれる総合力の高さをアピールして、初のワールドカップメンバーに選出された。
日本代表手の中では、ジュニア・ジャパン時代に両LOとして試合に出場したFL/NO8姫野和樹と仲がよく、「ひめとく」コンビと呼ばれるほどだ。

  • 所属クラブ
    東芝
  • 生年月日
    1992年4月10日
  • 身長/体重
    185cm/102kg
  • 代表キャップ
    12