RWC2019

Will Tupou

ウィリアム・トゥポウ

日本代表
ポジション
CTB
ウィリアム・トゥポウ

突破力、タックル、スキルに長けたニュージーランド出身の大型CTB

CTB、FBでプレーする、スキルの高い大型BK2017年の6月のアイルランド代表戦で、3年居住の条件をクリアして、日本代表デビューを飾った突破力とタックルに長けたCTB。スキルも高く、ハイボール対策としてFBとしてもプレーしているように複数のポジションをカバーできる。プレースキックも上手い。
両親はトンガ人だが、トゥポウ自身はニュージーランドのオークランド生まれで、その後、オーストラリアに引っ越し、父の影響で15人制ラグビーをしていた。高校時代はオーストラリア高校代表にも選出された。
その後は13人制ラグビーに転向し、リーグラグビーのトンガ代表にも選出された。だが、21歳のとき、再び15人制ラグビーに戻り、2012年から2年間、ウェスタン・フォースでスーパーラグビー13試合に出場した。2014年度から2年間、日野自動車(現・日野)でのプレーを経て、2016年度からコカ・コーラに移籍し、サンウルブズでもプレーした。複数ポジションがカバーできることもあり、日本代表での存在感は増すばかりだ。現在は主に15番でプレーするが、場合によってはCTBやWTBとして出場する可能性もある中軸のひとりである。
趣味は映画鑑賞。最近はゴルフもよくやる。好きな食べ物は博多ラーメン。2人の息子のパパでもある。弟のCTB/WTBセミシは、豪州U20代表に選出された若手の有望株で、レベルズでプレーしている。好きな言葉は「Hard works pays off」。愛称は「トゥープス」(Tupes)。

  • 所属クラブ
    コカ・コーラ
  • 生年月日
    1990年7月20日
  • 身長/体重
    187cm/101kg
  • 代表キャップ
    10