RWC2019

ラグビーのルール <第2巻 ズルだめ篇>

手で前にボールを放ってしまうことの他にも、ラグビーには様々な反則があります。なぜ反則なのか、知らないと分からないものの中から、特によく起こりやすい反則をいくつかご紹介します。

動画のポイントを解説

ズルせず前進、ゴールを目指す!

ラグビーは、ゴールの中に入れるサッカーやバスケットと異なり、ゴールラインを越えればトライで得点することができます。だからこそ、とにかく前に進むことが重要。でもズルして進むことはダメです。

ラグビーは、ゴールの中に入れるサッカーやバスケットと異なり、ゴールラインを越えればトライで得点することができます。だからこそ、とにかく前に進むことが重要。でもズルして進むことはダメです。

動画のポイントを解説

ラインアウトは真ん中に!

ボールがラインの外に出た時の再開方法、ラインアウトでは、敵と味方がそれぞれ一列に並びます。その真ん中にボールを投げ入れないと、ノットストレートという反則になります。自分たちに有利にボールを投げ入れることはできません。

ボールがラインの外に出た時の再開方法、ラインアウトでは、敵と味方がそれぞれ一列に並びます。その真ん中にボールを投げ入れないと、ノットストレートという反則になります。自分たちに有利にボールを投げ入れることはできません。

動画のポイントを解説

密集状態の時は後ろから!

ラックやモールと呼ばれる、敵と味方が密集状態でもみ合っている状態の時には、前や横から選手が横入りするとオフサイドという反則になります。密集状態の時は必ず後ろから加わらなければなりません。

ラックやモールと呼ばれる、敵と味方が密集状態でもみ合っている状態の時には、前や横から選手が横入りするとオフサイドという反則になります。密集状態の時は必ず後ろから加わらなければなりません。

動画のポイントを解説

倒されたらボールは離す!

ボールを持っている時に、相手のタックルによって倒された場合は、ボールを地面に置き、手から離さなければなりません。離さない場合は、ノットリリースザボールという反則になります。

ボールを持っている時に、相手のタックルによって倒された場合は、ボールを地面に置き、手から離さなければなりません。離さない場合は、ノットリリースザボールという反則になります。

キシボーイとは?

数々の初心者向けスポーツ解説動画でおなじみのキシボーイ。太っちょなキャラとは裏腹に、機敏な動きや、コミカルな動きを織り交ぜながらわかりやすくラグビーのルールを解説してくれます。

キシボーイ

わたしの名前はキシボーイ 170cm170kgあります。
やや太っていますが、人間ドックではきわめて健康な結果がでています。
医者の先生もおどろいてました。 血がサラサラだ。と。 奇跡のデブだ。と。