ラグビー日本代表 流・姫野・中村のメッセージに反響「元気が出た」「ありがとう」

#STAY HOME ウチで過ごそう
2020.5.13 9:30

ラグビーワールドカップ2019日本代表の姫野和樹・流大・中村亮土の3選手に加え、元ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)キャプテンのリッチー・マコウ、同じく元ラグビーニュージーランド代表のダン・カーターなど計9人が、新型コロナウィルス感染拡大防止のために頑張る人々に向けて「みんな思いはひとつ」とメッセージ動画を公開した。

昨年日本で開催されたラグビーワールドカップで史上初のベスト8進出を果たし、日本中に勇気と感動を与えたラグビー日本代表。チームのスローガンとなった「ONE TEAM」が「流行語大賞」の年間大賞に選ばれるなど、ラグビーファンのみならず、日本中が一体となってチームを後押しした感覚は、今でも人々の心に焼き付いているだろう。

今回、リッチーとダンらが中心となり、新型コロナウィルス感染拡大防止のために闘っている日本の人々へ応援メッセージを送りたいと考え、「STAY HOME ウチで過ごそう」をコンセプトに1本の動画を作成。日本からはダンたちと交流のある3選手が参加し、国やチームの垣根を越えた、まさにONE TEAMでの取り組みとなった。

公開された動画でリッチーは「気持ちは僕たちと共にあります」、ダンは「日本という美しい国と人々を守りましょう」と呼びかけ、姫野は「今こそみんなで頑張りましょう」、流は「最前線で活動してくださっている医療関係者の皆さまありがとうございます」、中村「家で過ごしているすべての皆さま、ありがとうございます」と、それぞれの思いを発信。最後には9人が声を合わせて「ウチで過ごそう」とメッセージを送った。

この動画が各選手のTwitterで公開されると、コメント欄には「みんなで乗り越えていきましょう」「違うチームの選手達が一つになってて、元気出ました」「早くラグビーが見たいです」「きつい時にこの映像が見れて良かった」「こんなに豪華なメンバーたちが、今すべきことを、自分の言葉で発信してくれて本当にありがたいです」と反響。多くの人々にパワーを与えているようだ。

また、動画内に掲載されている「STAY HOME」のメッセージ画像の配布を開始。Webミーティングや壁紙などとして使用することができる。(※画像はスマートフォンであれば長押しから保存、PCであれば右クリックから保存することができます)

#STAYHOME ウチで過ごそう スマートフォン用 壁紙ダウンロード

#STAYHOME ウチで過ごそう Webミーティング用 壁紙ダウンロード

▼壁紙サンプル

<選手(出演順)>
①リッチー・マコウ(元ラグビーニュージーランド代表 キャプテン)

②ダン・カーター(元ラグビーニュージーランド代表/神戸製鋼 コベルコスティーラーズ所属)

③サム・ホワイトロック(RWC2019 ニュージーランド代表/パナソニック ワイルドナイツ所属)

④姫野和樹(RWC2019 日本代表/トヨタ自動車 ヴェルブリッツ所属)

⑤流大(RWC2019 日本代表/サントリー サンゴリアス所属)

⑥中村亮士(RWC2019 日本代表/サントリー サンゴリアス所属)

⑦ブロディ・レタリック(RWC2019 ニュージーランド代表/神戸製鋼 コベルコスティーラーズ所属)

⑧キアラン・リード(RWC2019 ニュージーランド代表/トヨタ自動車 ヴェルブリッツ所属)

⑨スティーブ・ハンセン(RWC2019 ニュージーランド代表 ヘッドコーチ/トヨタ自動車 ヴェルブリッツ ディレクター・オブ・ラグビー)