RWC2019

イングランド・ジョーンズHC、フランス戦中止も「死の組」プールC首位通過。「エネルギーを満タンにできる」

2019.10.10 17:00

10月10日(木)、12時より会見が行われワールドラグビーとラグビーワールドカップ2019組織委員会は、非常に強い台風19号の日本接近にともなって、10月12日(土)下記の2試合の中止を決定した。

■10月12日(土) ニュージーランド v イタリア (キックオフ13:45/豊田スタジアム)

■10月12日(土) イングランド v フランス (キックオフ17:15/横浜国際総合競技場)

同じ12日(土)、福岡で行われるアイルランド v サモアの試合は予定通り行われるという。日本代表対スコットランドを含む13日(日)の4試合は、台風通過後の安全性を調査の上、試合開催可否判断を行うという。もし試合の中止される場合は、原則キックオフ6時間前まで案内される予定だという。

2試合の中止が決定し、両試合とも引き分け扱いとなり、4チームに勝ち点2ずつ加算された。結果、プールBとプールCの上位2チームは下記のように決定した。プールBは1位がニュージーランド、2位が南アフリカ、プールCは1位がイングランド、2位がフランスとなった。尚プールBのイタリアも3位が決まり、2023年大会の出場権を得た。

◇プール B

1位 ニュージーランド 勝ち点16

2位 南アフリカ 勝ち点15

3位 イタリア 勝ち点12

◇プール C

1位 イングランド 勝ち点17

2位 フランス 勝ち点15

フランス戦中止を受けて、「死の組」と言われたプールCを首位で勝ち抜いたイングランド代表エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が取材陣に応じた。

開口一番、ジョーンズHCは日本語で「しょうがないですね」と切り出した。そして「日本でこうした台風が起こりうることはわかっていましたし、どうにもできない。ここは良い機会だと思うことにします。ただ試合ができないことはとても残念です。もちろん楽しみにしていたファンにも気の毒です」と続けた。

またジョーンズHCは、こう発言してワールドラグビーや組織委員会の判断を支持した。「台風はとても強いです。ものすごい雷雨がありますし、ちょうど1ヶ月前にも大きな台風が日本でありました。家や車が風で飛ばされ、交通機関が止まります。何よりとても危険なのが中止の理由です。今回の台風は特別で、かなり大きいと聞いています。どんな代案よりも誰にも被害を及ばさないための大会組織委員会の正しい決定だと思います。自分でコントロールできないことは起こります。どんなことも起こりうるので、それについて正しい対応を取るだけです。大会のオーガナイゼイションは信じられないほど素晴らしいです」(ジョーンズHC)

試合が中止になっても日本でワールドカップを開いたことは正しかったのかと聞かれても、4年前は日本代表を率いており、日本をよく知るジョーンズHCは「100%素晴らしいと言えます。最高の大会です。もし日本でやらなかったら、ラグビーをより世界に周知してもらう機会を得ることはできませんでしたし、ラグビーのレベルを上げる機会もファンを増やすこともできなかったと思います。また何より日本のラグビーの成長にとってもいいことですし、素晴らしい日本ラグビーを見ることもなかったでしょう。ワールドラグビーの主たるプランのひとつですし、ワールドカップの意義でもあると思います」と話した。

また落胆したイングランドファンを見かけて「申し訳ない気持ちと同時に、こんなに沢山のファンがいて幸せだと感じました。これまでこの大会では素晴らしいラグビーの試合が行われてきましたので、ファンの失望はもっともです。だからこそ私たちは(次の準々決勝に)集中してやるのです」と、すでに気持ち準々決勝に切り替えていた。

 

明日には、イングランド代表は宮崎に移動し、19日に大分で行われる準々決勝に備える。 ジョーンズHCは「2週間の準備を経て準々決勝に臨むことができます。もう一度見直しして、プレーにフォーカスして、エネルギータンクを満タンにすることができるので、良い機会になったと思います」と前向きに話し、最後は「選手たちは試合をしたかったのでがっかりしていますけど、宮崎牛を食べて元気になるでしょう」と笑いを誘っていた。

 

ジョーンズHCが率いるイングランドは、今回の試合のキャンセルに動揺することなく、堂々のプールCの1位チームとして、10月19日(土)プールDの2位、ウェールズかオーストラリアを迎え撃つ。

この記事を書いたひと

野辺優子YUKO NOBE

東京外国語大を卒業後、パリの大学院でベトナム映画を研究。在学中は現地でフランス、イタリアのサッカーやラグビー等のスポーツメディアのインタビューや翻訳に携わる。現在は映画・演劇研究のかたわらフリーの翻訳、ライターとしても活動。大学時代はラグビー部のマネージャー。