イングランド、決勝トーナメント進出一番乗り!アルゼンチンを39-10で下す

2019.10.5 21:14

いよいよプール戦も終盤に入り、ベスト8進出をかけて連日熱戦が繰り広げられている。10月5日(土)は、プールCで首位のイングランド代表と3位につけるアルゼンチン代表が激突した。

イングランドは初戦でトンガに35-3、続くアメリカには45-7と快勝し、いずれも4トライ以上のボーナスポイントを獲得し勝ち点10。

エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)はアメリカ代表戦から9人の先発を変更した。

SHベン・ヤングスはこの試合で92キャップとなり、2003年にイングランドが優勝した時の立役者で、元イングランド代表SOジョニー・ウィルキンソンを超える。リザーブのPRダン・コールも出場すれば同じく92キャップとなる。

一方のアルゼンチンは、初戦はフランスに前半大きくリードを許し、21-23で惜敗した。2戦目のトンガ戦では28-12で勝ち、ベスト8進出には現在勝ち点6でこれ以上負けられない状況だ。

マリオ・レデスマHCは、トンガ戦から1名の変更のみにとどめ、ハットトリックを決めたHOフリアン・モントーヤが先発し、「イングランドはつまらないラグビーだ」と発言して物議を醸したベテランのHOアガスティン・クレービはリザーブスタートとなった。また2015年大会の得点王SOニコラス・サンチェスはメンバー外となった。

この起用に地元メディアから疑問の声も上がったが、「私は勝つためのメンバーを選んだ。

この試合に勝って決勝トーナメントへ進む。失うものはない」と語気を強めた。

気温30度という夏日の中キックオフされた試合は、気合の入ったアルゼンチンが押し気味に進めていく。

プレッシャーを受けたイングランドは序盤から3つのペナルティを重ね、6分、アルゼンチンがSOベンハミン・ウルダピジェタのPGで3-0と先制する。

しかしイングランドも8分、敵陣でのマイボールラインアウトからモールで押し、最後はSOジョージ・フォードのパスを受けたWTBジョニー・メイがトライ。CTBオーウェン・ファレルのコンバージョンは外れたが、5–3とイングランドが逆転する。

お互い規律が守れず、レフェリーから何度も注意を受けていたが、17分、アルゼンチンはLOトマス・ラバニーニがCTBファレルへのショルダータックルでレッドカード、一発退場となる。

CTBファレルのPGは外れスコアは5-3のままだが、アルゼンチンは残り約60分を14人で戦うことを余儀なくされる。

一人少ないアルゼンチンのディフェンスに追加点がなかなか奪えず、キックでエリアを取り合う時間が続くが、35分、イングランドはFBエリオット・デイリーがトライ。前半終了間際にはラインアウトから19フェーズを重ねてSHベン・ヤングスがトライし、15-3で前半を折り返す。

後半に入って直ぐの4分、イングランドはSOジョージ・フォードのトライでボーナスポイントを獲得し22-3とする。13分にはCTBファレルのPGで25-3とさらに得点を追加。

ここから少しイングランドの気が緩んだのか、得点が入らない時間が続き、31分、アルゼンチンのWTBマティアス・モローニにトライを奪われ25-10とする。

ここで長らく戦列を離れて、後半から出場したWTBジャック・ノーウェルが気を吐き、後半33分右隅に飛び込んでトライ。CTBファレルのゴールも決まり32-10と再びリードを広げていくと、ラストプレーでラインアウトからHOルーク・カーワン=ディッキーがダメ押しのトライ。

試合終了直前に両者がもみ合う場面もあったが結局39-10でノーサイドとなった。全てボーナスポイントを得て3連勝したイングランドが決勝トーナメント進出一番乗りとなった。

プレイヤーオブザマッチには16のタックルを決め、ハンドリングエラーを1つもしなかったFLサム・アンダーヒルが選ばれた。

イングランドのエディー・ジョーンズHCは「2年前は私たちがレッドカードで70分を14人で戦いました。難しい状況です。しかし、後半シンプルにゲームを進められたことは満足しています。ブレイクダウンに課題は残りました。(No.8のビリー・ヴニポラは)ちょっと足首をひねっただけで大事には至っていません。きっと神戸牛を食べ過ぎたんでしょう」とジョークを交えて語った。

アルゼンチンのマリオ・レデスマHCは「確かにレッドカードは響きましたが、特に後半に避けられるミスをし過ぎてしまいました。勢いも出せず、人数も少なくなってしまった。しかし最後まで闘争心を失わなかった選手たちは素晴らしい」と淡々と語った。

ベスト8進出を決めたイングランドは最終戦を10月12日(土)に神奈川・横浜国際総合競技場でフランスと相見える。

自力での決勝トーナメント進出がなくなったアルゼンチンは10月9日(水)に埼玉・熊谷ラグビー場でフランスと対戦する。

◇SHヤングス&PRコールが92キャップに到達

この試合でイングランドのSHベン・ヤングスと後半から出場したPRダン・コールがテストマッチ92キャップとなり、元イングランド代表SOジョニー・ウィルキンソンの記録を抜いてイングランド史上3位となった。1位はジェイソン・レオナード(114)、2位はディラン・ハートリー(97)。

この記事を書いたひと

野辺優子YUKO NOBE

東京外国語大を卒業後、パリの大学院でベトナム映画を研究。在学中は現地でフランス、イタリアのサッカーやラグビー等のスポーツメディアのインタビューや翻訳に携わる。現在は映画・演劇研究のかたわらフリーの翻訳、ライターとしても活動。大学時代はラグビー部のマネージャー。