世界中で話題のウォークライ!ニュージーランドの“ハカ”をノーカット公開

2019.9.24 20:58

開催中のラグビーワールドカップ2019日本大会でキックオフ直前に注目を集めている選手たちの姿がある。それは自分たちの士気を高揚し、相手への敬意を込める「ウォークライ(戦いの踊り」と呼ばれる踊りだ。とくに有名なのは、ニュージーランドの“ハカ”だが、大会では、フィジーの“シビ”、トンガの“シピ・タウ”、そして、サモアの“シヴァ・タウ”が披露され、その迫力あるパフォーマンスが世界中で話題となっている。

今回、ニュージーランドが初戦の南アフリカ戦で魅せた“ハカ”をノーカットで配信。ぜひご覧いただきたい。今回、踊ったのは2005年にニュージーランド代表チームのために作られた強豪相手にしか踊らない“パカ・オ・パンゴ(黒の軍団)”である。

◇各国のウォークライを見る

フィジー“シビ” オーストラリア戦
https://teamrugby.jp/news/308/

ニュージーランド“ハカ” 南アフリカ戦
https://teamrugby.jp/news/309/

トンガ“シピ・タウ” イングランド戦
https://teamrugby.jp/news/310/

サモア“シヴァ・タウ” ロシア戦
https://teamrugby.jp/news/311/