RWC2019

楕円球ならではの工夫がキラリ!ラグビー観戦がもっと楽しくなる動画①「パス&キャッチの基本」

2019.8.2 13:49

いよいよ開幕が迫るラグビーワールドカップ2019。日に日に注目度が高まっていますが、ラグビーのルールを知らないため、少しハードルが高いなと感じている方も多いと思います。そこで今回、トップリーグのNECグリーンロケッツ協力のもと、全8回にわたりラグビーのルールや楽しみ方をわかりやすく動画で解説していきます。

第1回では、基本プレーとなる「パス&キャッチ」について紹介。まずラグビーには「ボールホルダーよりも前にパスを出してはいけない」という鉄則があります。すると必然的に、パスは後ろに投げることになります。(ちなみに真横へのパスはOKです)

そこで特徴的なのがボールの投げ方。ラグビーでは基本的に後ろにパスを投げるため、上投げや横投げでパスを出すのが難しく、下からのスローを多用することになります。その歳、受け取る側が両手でハンズアップして欲しい場所を指示し、ボールを持った選手はそこに向かって投げるのが基本です。

そして、楕円球のラグビーボールならではの工夫もあります。パスの距離が短い場合は、ボールを回転させず速いボールを投げ、距離が遠い場合は、空気抵抗を減らし、より安定した軌道にするためスクリュー回転をかけて投げます。

このように基本となる投げる動作の中でも瞬時の判断をしている選手たち。ダイナミックなボール運びの中でキラリと輝く、繊細かつ緻密なプレーに注目です。

【撮影協力】NECグリーンロケッツ