RWC2019

サンウルブズ、ブランビーズに19-42で敗れるも今季ホーム最終戦で意地の3トライ

2019.6.1 19:50

6月1日(土)、三菱地所スーパーラグビー(以下スーパーラグビー)は第16節を迎えた。ここまで2勝11敗、勝ち点12でオーストラリアカンファレンス5位のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(以下サンウルブズ)は、東京・秩父宮ラグビー場に同カンファレンス首位のブランビーズを迎えた。

サンウルブズにとっては今季ホーム最終戦。2勝はいずれもアウェイということもあり、今季ホーム初勝利の瞬間を見届けるべく16741人ものファンが来場した。なお、秩父宮ラグビー場正門前のスタジアム通りでは「秩父宮みなとラグビーまつり2019」が同時開催され、賑わいを見せた。

ファンの大きな期待に応えたいサンウルブズは、一部の選手がスコッドから外れたこともありメンバーを大きく変更。前節リザーブだったPR浅原拓真、FL德永祥尭らがそれぞれ3番、6番で先発したほか、リザーブには日本代表候補残留を目指すLO大戸裕矢、SH内田啓介、SO/FB山沢拓也、そして負傷から復帰したCTBラファエレ ティモシーが入った。ゲームキャプテンは急遽SOヘイデン・パーカーが務めた。

前日練習後の取材対応で、PR浅原は「(勝利の鍵は)全部のFW戦で負けないこと。最近は自分も含め粘りがなくなってきているので、しっかり粘りたい」と意気込んだ。また、FL徳永も「勝ちたい」と力を込めた一方で「他の(日本代表候補の)選手よりも高いレベルで(首脳陣に)見てもらえるので、ポジティブに捉えている。すごく試合が楽しみ」と代表入りへのアピールへの意欲も示した。

一方、第13節にホームでサンウルブズを33-0で下したブランビーズは、今季10トライでトライランキング1位タイのHOフォラウ・ファインガアをはじめ、PRアラン・アラアラトア、LOローリー・アーノルド、キャプテンのSOクリスチャン・リアリイファノ、CTBテヴィタ・クリンドラニ、WTBヘンリー・スペイトら、オーストラリア代表でも実績十分のメンバーが並び、カンファレンス1位通過を目指すためにも万全の布陣で臨んだ。

前半キックオフ直後、サンウルブズがいきなり先手を取る。1分、FBセミシ・マシレワが自らのハイパントに追いついて処理し、こぼれたボールをWTBホセア・サウマキがキャッチするとそのままインゴールまで走り切りトライ。SOパーカーのゴールキックも決まり、サンウルブズが7-0と先制に成功する。

その後ブランビーズの反撃を受けて、前半9分NO8ピート・サミュ、21分CTBイラエ・シモネ、29分FBトム・バンクスにそれぞれトライを決められ、7-21と逆転されたサンウルブズ。だが、ここから再び勢いを取り戻す。

35分、ハーフウェイライン付近のマイボールスクラムからアタックを仕掛けると徐々に敵陣へと前進し、一度後方にこぼれたボールをキープしたSOパーカーからパスを受けたWTBマシレワが相手ディフェンスの隙間を縫い快走。インゴールに飛び込み今季8個目となるトライを挙げた。SOパーカーのゴールは決まらなかったものの、12-21と9点差に追い上げたところで前半を終えた。

後半、さらに点差を詰めたいサンウルブズだったが、9分にブランビーズが得意とするラインアウトモールでHOコナル・マキナニーにトライを決められ、12-28と16点差に広げられる。

しかし直後の後半11分、サンウルブズはWTBマシレワが自陣から敵陣22メートルラインまで大きくゲインすると、ラストパスを受けたSHジェイミー・ブースがトライ。19-28とすぐさま9点差に追い上げる。

これが反撃ののろしになると思われたが、その後19分と32分にもブランビーズにラインアウトモールからトライを決められ、HOマキナニーにハットトリック(3トライ)を許す。サンウルブズは19-42と突き放され、そのままノーサイドを迎えた。スーパーラグビー参入4季目は、ホームゲームで勝利を得られなかった初めてのシーズンとなった。

試合後、サンウルブズのスコット・ハンセンHC(ヘッドコーチ)代行は、終始劣勢だったスクラムについて問われると、

「スクラムの部分は良かった部分も良くなかった部分もあった。レフリーから見てうちの方に吹かれなかった部分もあった。今週、スクラム練習をしてきたが誇りに思う。選手はすぐに立ち上がって、アタックのマインドセットとしてはボールキープして戦い続けることができた部分もあった」

と、このように試合を振り返った。ゲームキャプテンのSOパーカーはメンバーの目まぐるしい変化について聞かれ、

「正直、スコッドの多さによる難しさはある。しかし(他チームは家に帰っているが)みんなでホテルで過ごして、すぐに団結するという意味では利点もある。シーズン最初はいいパフォーマンスができていたし、選手たちを誇りに思う。14試合やって2勝しかしてない中でも満員のファンが来てくれるので、すごくクールな環境だ」

と、やりにくい部分があることを認めつつもサンウルブズならではのアドバンテージも挙げた。

3トライ差以上で得られるボーナスポイントを含む勝ち点5を挙げてカンファレンス首位をキープしたブランビーズ。ダン・マッケラーHCは、

「前半はサンウルブズに結構プレッシャーをかけられたと感じた。DFのラインスピードで(プレッシャーを)かけてきて、受けに回り、規律の部分で時間を費やした。それはさておきBKが少ないチャンスを活かしてくれた。後半は方向性が明確になってチャンスがあったらモールでいくようになった。後半の方がバランスのいい戦い方ができた」

とチームとしての戦い方を修正できたことを評価し、同席したキャプテンのSOリアリイファノも「試合をしながら調整していった」とHCに同調した。また、白血病を克服しオーストラリア代表候補にまで返り咲いたことについて、また白血病と闘病中の池江璃花子選手(競泳)へのメッセージを求められると、

「周りの方のサポートには本当に敬意の念を持っている。自分のやることにフォーカスできたのは周りの方のサポートのおかげ。(池江選手も)強くあり続けてほしい。自分の中で応援してほしい。スポーツ、ラグビーに毎日励まされ、このような今の状態得ることができた。感謝している。ラッキーであり、幸せです」

とコメントした。

今季ホーム初勝利を挙げられなかったものの、試合後にファンと集合写真を撮影するなどして交流したサンウルブズ。今季、残すは2試合となり、6月9日(日)の次節はストーマーズと敵地、南アフリカのケープタウンで対戦する。昨季は香港で破った相手だけに、次こそ過去最多に並ぶ3勝目を挙げてほしい。

 

◇FL德永祥尭が存在感をアピール! 日本代表への思いも語る

日本代表候補残留へアピール中のFL德永祥尭が80分間フル出場し、その役割を全うした。サンウルブズに合流して約2週間、短い準備期間を経て前節はリザーブで出場し、今節は先発。6番としての存在感を見せつけた。

試合前日からボールキャリーを増やしたいと意気込んでいたFL徳永は、試合後、

「ボールタッチの回数はよかったと思うが、その中で気持ちが先行してしまいコミュニケーションがしっかりとれず、ミスが出た。ただ、ディフェンスはタイトに、前に出るという意識を見せることはできた。アタックよりはミスが少なかった。ラインアウトも前節のレベルズ戦よりはよかった」

と、反省しながらもディフェンスやラインアウトの出来については評価した。

最後に、ワールドカップに向けた今後については、

「代表は呼んでもらえたら頑張るだけ。そこに向けてのアピールはできたと思う。後悔しないように3ヶ月走り続けたい」

と語ったFL徳永。日本代表候補の中でも激しいバックローのポジション争いに割って入り、さらに存在感を見せていきたいところだろう。

この記事を書いたひと

齋藤 龍太郎RYUTARO SAITO

編集プロダクション(株)楕円銀河代表。日本と世界のラグビーの“今”を自らの足で取材し日々情報発信しているWeb媒体・紙媒体、「ラグビー∞アンリミテッド」を運営。編集者兼ライター、時々フォトグラファーとしてラグビーのみならず幅広いジャンル、また様々なメディアで活動中。