RWC2019

サンウルブズ、ハリケーンズからWTBマシレワの2トライでリードするも23-29で逆転負け

2019.4.19 23:21

4月19日(金)、三菱地所スーパーラグビー(以下スーパーラグビー)第10節を迎えたヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(以下サンウルブズ)。

1週間のBYEウィーク(休みの週)を挟み、十分なリフレッシュと準備期間を経てホームの秩父宮ラグビー場で、第10節を迎えた。相手は2016年にスーパーラグビーを初制覇したニュージーランドカンファレンスの強豪ハリケーンズ。サンウルブズにとって国内初のナイトゲームとなったこの一戦を見るために、金曜日の夜にもかかわらず今シーズン最多の16805人もの大観衆が集った。

2勝6敗(勝ち点10)でオーストラリアカンファレンス5位、今季ホーム初勝利と3勝目を目指したサンウルブズは、一部メンバーを変更してこの試合に臨んだ。最も大きな変更は、本来No.8のラーボニ・ウォーレンボスアヤコをCTB(12番)で起用した点だ。負傷による欠場がありながらもボールキャリーは76回でリーグ10位と上位につけており、別ポジションでも抜群の突破力を期待された形となった。

今回の起用について、ブラウンHC(ヘッドコーチ)は「彼はスキルがありますし、バックスのポジションでもプレーする能力があります。フィジカルの強い相手のCTB勢に対して、彼が入る事でうまく機能する事を期待しています」と期待を寄せた。

No.8にはツイ ヘンドリックが入ったほか、PR山下裕史、LOトンプソン ルーク、FB山中亮平といった日本代表候補らが先発し、リザーブにもHO坂手淳史、FL/NO8松橋周平、SH田中史朗といった日本人プレーヤーが名を連ねた。

一方、日本代表のディフェンスコーチを務めてきたジョン・プラムツリーHCの指揮のもと、5勝1分け2敗(勝ち点23)でニュージーランドカンファレンス2位に付けているハリケーンズは、チームの顔であるSOボーデン・バレットとCTBジョーディー・バレットのバレット兄弟、FLアーディー・サヴェアらニュージーランド代表勢が欠場。しかし同代表の常連SHのTJ・ペレナラがゲームキャプテンとして先発したほか、屈強なCTBンガニ・ラウマペ、昨季トライ王(16トライ)のWTBベン・ラムといった実力十分のメンバーが出場した。

前半、先手を取ったのはキックオフから大きな声援を受けたサンウルブズだった。前半6分、ハーフウェイラインでのマイボールラインアウトから展開すると、CTBウォーレンボスアヤコが持ち前の力強いランでビッグゲイン。敵陣22メートル内に入ると左大外にラストパスを送り、それを受けたWTBセミシ・マシレワが先制トライ。SOヘイデン・パーカーのゴールも成功し、サンウルブズが7-0といきなりリードを奪った。

前半13分にSOパーカーがPGを決めて10-0とリードを広げたサンウルブズだったが、15分、ハリケーンズSHペレナラにディフェンスの一瞬の隙を突かれトライを許し10-7とされる。しかしサンウルブズは22分、27分とSOパーカーが続けてPGを成功させて、16-7と再びリードを広げる。

さらに前半28分、サンウルブズは敵陣で相手ボールを奪って速攻を仕掛けて、SOパーカーが左前方にキックパスを送る。それをキャッチしたWTBマシレワがインゴールにダイブし2トライ目を決め、サンウルブズが23-7とさらに点差を広げた。42分にハリケーンズSOフレッチャー・スミスにPGを決められたものの、サンウルブズは23-10とリードしたまま試合を折り返した。

後半、さらに畳み掛けていきたいサンウルブズだったが、後半9分、WTBラムにトライを許し23-15とされると、18分にはサンウルブズの自陣深い位置からのキックをチャージされて、ハリケーンズFBチェイス・ティアティアにトライを許し23-22と1点差に迫られる。

反撃に転じたいサンウルブズはなかなかチャンスを活かせず、28分、敵陣でラインアウトのチャンスを得たものの連携が乱れてしまう。逆にハリケーンズに一気に攻め込まれると最後はWTBウェス・フーセンがトライ。最大16点リードしていたサンウルブズだが23-29と遂に逆転されてしまった。

サンウルブズは残り10分、相手陣で再びラインアウトでチャンスを作ったものの、結局、それを活かしきることができず、23-29のスコアのままノーサイド。ホームでの金星は逃したが、7点差以内の敗戦で得られる勝ち点1を獲得し、2勝7敗、総勝ち点を11とした。

試合後、サンウルブズのトニー・ブラウンHCは試合をこう振り返った。

「勝てなかったことにがっかりした。 勝つチャンスはあったが、プレッシャーに耐えられずチャンスを生かせなかった。試合には勝てたと思う。どのチームにも勝てるパフォーマンスをしている。課題は自分たちのプレッシャーに負けないで勝ち切るところだ」

ゲームキャプテンのFLダン・プライアーは、

「高いレベルでプレーすることは大事だが、ラインアウトで大事な部分でスイッチがオフになり、ハリケーンズに簡単に取られてしまった。しっかりチャンスにものにしないといけない。満員の観客はサンウルブズにとってもハリケーンズにとってもよかった」

と反省の弁を述べるとともにファンの応援に感謝した。

一方、ハリケーンズのプラムツリーHCは「非常にいい試合で、サンウルブズは我々に大きなプレッシャーを与えてきた。前半、サンウルブズは我々の多かったミスを突いてきた。後半は徐々に(本来のパフォーマンスを)取り戻すことができ、勝利することができた。総じてタフな試合で、サンウルブズがよかった」と相手を称えた。

ゲームキャプテンのTJ・ペレナラはスタジアムの雰囲気に言及した。

「試合中はゲームに集中していたが、試合後やホイッスルで試合が止まった時に観客の雰囲気を感じていた。ファンの声援にも少し気づいていたし、彼らのエナジーを感じている自分がいた。私たちへの応援はなかったと思うが、ラグビー自体への応援のように感じられてよかった」

強豪相手に途中まで互角以上の試合運びを見せたサンウルブズは、4月26日(金)の次節、同じく秩父宮ラグビー場にニュージーランドカンファレンスのハイランダーズを迎える。日本代表のジェイミー・ジョセフHC、ブラウンHC、SH田中、SOパーカーらの古巣とのナイトゲームで、次こそ今シーズン、ホーム初勝利に大いに期待したい。

◇ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、CTBでも爆発!

CTBで先発したラーボニ・ウォーレンボスアヤコが期待に違わない出色の活躍を見せた。

前半6分のWTBマシレワの先制トライにつながるビッグゲインが光ったことはもちろんだが、ディフェンスでも前半33分にはサンウルブズのインゴールに飛び込んだハリケーンズSHペレナラにタックルし、見事にトライを防いだ。

試合後、ウォーレンボスアヤコは、

「非常に残念に思う。今日の試合は勝てた試合で、それもわかっていたが、結果に結びつかなかった。それに関してはハリケーンズを称えないといけない。来週はいい結果を出せるように取り戻していきたい」

と試合への反省を口にしつつ、自身のプレーについては、

「いつも自分には厳しくしていこうと話していたが、学ぶことが多かった。マイキー(CTBマイケル・リトル)とかいろんな選手に学べる環境なので、来週はもっと良いプレーをしたい。どこのポジションでも、伸びることはある。特にDFかなと思う。ボールに絡んでいくことと、もう一つ言えば、キックをもっと伸ばしていきたい」

一方で、ブラウンHCはその活躍を高く評価した。

「ボニー(ウォーレンボスアヤコ)は今日の試合で12番でもプレーできると証明できた。すごく良い選手。今後もBKでプレーできるし、あと2~3ヶ月すればジャパンでもプレーするかもしれない」

8番だけでなく12番でもスーパーラグビーで通用することを見せつけたたウォーレンボスアヤコ。桜のジャージーに袖を通す日も近づいてきたと言えよう。

この記事を書いたひと

齋藤 龍太郎RYUTARO SAITO

編集プロダクション(株)楕円銀河代表。日本と世界のラグビーの“今”を自らの足で取材し日々情報発信しているWeb媒体・紙媒体、「ラグビー∞アンリミテッド」を運営。編集者兼ライター、時々フォトグラファーとしてラグビーのみならず幅広いジャンル、また様々なメディアで活動中。